スポンサーリンク
ruby

Windowsでrubyの環境構築とかsinatraを使ったWebアプリの作成とか

仕事でrailsを使ったプロジェクトの本番環境を構築したり改修に携わっているのにrubyの開発がわからないというのはまずいと思い、年末年始の休みで時間もあるので少し勉強しました(^q^ 環境構築 rubyinstallerではなくrbenvを使ってrubyをインストールしました。 rbenvはnodejsでいうところのnodist,nvmのような感じで複数のバージョンを簡単に切り替え...
Linux 環境構築

SPF+DKIM対応

主にDKIMの導入についての備忘録 SPFレコードはすでに設定していたのでその設定値について 参考にしたページ 参考:自ドメインのDNSとPostfixをSPF/DKIM対応させてみた - Qiita MTAがsendmailの場合はm4コマンドで設定を書き換えたりする作業が必要。 今回はpostfixだったので上記の手順の作業だけでOKでした。 SPF対応 ドメインを管...
Linux 環境構築

さくらVPSのCentOS6にnvmをインストールしようとしたらこけたので備忘録

CentOS6で標準でインストール可能なgitのバージョンが古かったことが原因でした。 当初インストールされてたgitはbaseリポジトリの1.7.1-9.el6_9でした。 nvmについて nvmは複数のバージョンのnodejsを同一環境内で管理するためのツール。 Windowsのnodistに相当すると思います。 npmを使ってライブラリインストールして使う感じのツール作った...
Linux 環境構築

当ブログのSSL設定の見直し(さくらVPS、CentOS6、nginx 1.16.0、OpenSSL 1.1.1)

SSL LabsでサイトのSSLについて診断したところ評価がFとなってしまった;; 脆弱な通信を許可している設定となってしまっている模様 改善する OpenSSL1.0.2が2019年末でEOLとなってしまう模様 OpenSSL1.1.1に乗り換える TLSv1.0 TLSv1.1をサポートしてると2020年1月より評価がBで固定と...
Docker

Dockerを利用してTLSv1.0 → 1.2のアップグレードの検証を行ったときの話

テストサーバーが存在しない サーバー運営会社の管理コンソールで環境の複製(コピー、クローン)はできない ぶっつけで本番環境でやるのはNG 対象のサーバーのOSがCentOS5なのでEC2が使えない(公式のAMIがない) さてどうしよう??ということでDockerを使って既存の環境と似た環境を構築→検証という対応を行ったのでメモ。 Dockerのコマンド操作がちょっ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました