「MD5の変換/逆変換ツール」をServersMan@VPSからEC2に移設したときの話

2.インスタンスのセットアップ(全部rootユーザーで実行)
必要なモジュールをインストール

# mysql5.6をインストール
yum install mysql56 mysql56-libs mysql56-server

# httpd2.4をインストール
yum install httpd24 httpd24-tools

# php5.6をインストール(CakePHP3を動かすのにintl、mbstringなどが必要)
yum install php56 php56-intl php56-pdo php56-jsonc php56-mbstring php56-mysqlnd php56-xml

# httpd2.4用のmod_sslをインストールし忘れてたのでインストール
yum install mod24_ssl

# httpdとmysqlの自動起動設定
chkconfig httpd on
chkconfig mysqld on

MySQLを起動したところ、メモリが不足しているのか起動できませんでした。この現象についてググったところ以下の設定についての情報を見つけました。
参考:【AWS】t2.nanoのEC2インスタンスでのMySQL起動が失敗する。

MySQLの設定(my.cnf)

[mysqld]
+performance_schema=off

httpdの設定(httpd.conf)

# 66行目
-User ec2-user
+User ec2-user

# 144行目
-Options Indexes FollowSymLinks
+Options FollowSymLinks

# 151行目
-AllowOverride None
+AllowOverride All

httpdの設定(httpd-vhosts.conf)
httpのリクエストは全てhttpsに書き換える設定(ServersMan@VPSで設定していたものをそのままコピペ)

<VirtualHost *:80>
    ServerName md5.imo-tikuwa.work
    DocumentRoot /var/www/@@@@@/
    RewriteEngine On
    RewriteCond %{HTTPS} off
    RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
    <Directory /var/www/@@@@@/>
        AllowOverride All
        Options FollowSymLinks
        Require all granted
    </Directory>
</VirtualHost>
<VirtualHost *:443>
    ServerName md5.imo-tikuwa.work
    DocumentRoot /var/www/@@@@@/
    SSLEngine on
    SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/imo-tikuwa.work/cert.pem
    SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/imo-tikuwa.work/privkey.pem
    SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/imo-tikuwa.work/chain.pem
    <Directory /var/www/@@@@@/>
        AllowOverride All
        Options FollowSymLinks
        Require all granted
    </Directory>
</VirtualHost>

httpdの設定(welcome.confの中身を全てコメントアウト)

#<LocationMatch "^/+$">
#    Options -Indexes
#    ErrorDocument 403 /.noindex.html
#</LocationMatch>
#
#<Directory /var/www/noindex>
#    AllowOverride None
#    Require all granted
#</Directory>
#
#Alias /.noindex.html /var/www/noindex/index.html

ロケールの設定

ln -sf  /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

certbot(letsencrypt)をインストール

# certbotをインストール
curl https://dl.eff.org/certbot-auto -o /usr/bin/certbot-auto
chmod 700 /usr/bin/certbot-auto

# httpdが起動していない状態で以下を実行
certbot-auto --debug
certbot-auto certonly --standalone -d imo-tikuwa.work -d md5.imo-tikuwa.work

「MD5の変換/逆変換ツール」のアプリケーションの展開、データベースダンプの投入、crontabの設定、ドメインのDNS変更、ssl証明書の失効等はEC2の環境構築とはあまり関係ないので省略します。

スポンサーリンク
GoogleAdsense



GoogleAdsense



シェアする